12月


今 きらびやかなイルミネーションが
街じゅうを沸かしています

郊外でさえもさらに住宅にイルミネーションは多々あります

それも綺麗だけど

キリストが生まれるということを表した星や

白い世界を作り出す雪だけでも

あたりは本当にファンタスティックな世界を感じることができます


しかもそれを共感し合える人たちがいれば尚

世界は喜びに満ちてくるのでしょうね


まさに第九(歓喜に寄す)の歌詞のとおりですね♪
 
第九といえば年の暮れ

皆様、良いお年をお迎えください








11月


いい季節
野山は色づき
さぞ美しいことでしょう

そんななか
街もいい感じ♪
街路樹の葉っぱも歩道に落ちて
誰もいない早朝なんか
鮮やかなジュータンになっています

それに街はクリスマスに向けてのムードが高まってきます

都会の中でもちょっとした
季節感を感じることができます

いい季節を
ゆっくり楽しみたいものです







10月


あちこちに 色々などんぐりが お目見えです

子どもたちは 嬉しそうに 真剣な面持で 拾っています

この時期は いろいろなものが 実って 嬉しいばかりです

どんぐりのように だれかに 喜んで 何かを 拾ってもらえるような

そんなことのできる存在になれればいいな


さて…あなたは何をみのらせるのでしょうか

それは ものでなくても 目に見えなくても いいと思います

成就にむけて頑張ってください 

応援しております








9月


いつも同じ月じゃない




一年のうち この時季になるとお月様を観る機会がおおくなります

とってもきれいですものね

でも去年この時期にみた月とは同じ月じゃないんでしょうね

地球同様

お月様も刻一刻とわずかながらも環境はかわっているはず


地球が歴史を刻んでる間に

お月様も歴史を刻んでいるはず


太陽だってバクバク動いているんですからね

まるで星は生き物みたいですね


そういうことで私たちも同様

刻一刻と自分の歴史を作っている

いつ歴史が終わるかは分りませんが

この世界に存在できたという有難さを

なるべくいつも忘れずにいたいなと思います








8月

森林の声



近くの山に出かけたときのこと
カッコウカッコウとか
ツツツツツツとか
鳥の鳴き声がしました

その鳥の声をきくと
昔よくキャンプに行っていたときのことを思い出します

山の中にテントをたて
翌朝はとってもすがすがしい一日がはじまる

そんな郷愁を感じながらも
鳥の声は森林の声となり
私を悠久の旅にいざなってくれます

いつまでもこの山や森などが
元気に存在してくれていることを
祈るばかりです


トップページに戻る